垂直撮影

垂直写真の需要は航空測量による地図作成に限らず、固定資産税調査・森林調査・都市計画その他あらゆる分野に活用されています。 当社では航空測量用デジタルカメラ3台、航空用レーザー計測機材1台をセスナ機(自社機3機、年間チャーター機1機)に常時搭載し、少ない天候チャンスを逃さぬ様努めています

新宿上空の航空写真

航空測量用デジタルカメラ(VEXCEL社製 UltraCam Xp-WA , UltraCam Falcon Prime)

最新鋭の航空測量用デジタルカメラ(UCFP)を九州でのチャーター機体(JA3868)に搭載しました。

現在東京2機、佐賀1機の計3機で運航中です。

デジタル画像はスキャニングによる劣化のない高品質な画像を提供いたします。

航空測量カメラUltraCam XpWAとジャイロマウントGSM3000

航空測量カメラUltraCam Falcon PrimeとジャイロマウントGSM4000

 

同時にカラー・モノクロ・近赤外の撮影が可能です。

モノクロ・カラー・赤外写真

モノクロとカラーと赤外

 

GPS/IMU (IGI製 AEROcontrol)による撮影

撮影時、位置(X,Y,Z)及び傾き(ωφκ)のデータを同時に取得します。

IMUのデータを利用し短時間で確実なオルソ写真を提供できます。

垂直写真撮影イメージ
垂直写真撮影イメージ

オーバーラップ60%の連続写真撮影

 

撮影計画~撮影~GNSS/IMU解析~画像処理の一貫体制のシステム

当社は計画~撮影~データ納品まですべて社内(本社及び九州営業所)にて処理します。

IGI Planによる撮影計画

IGI Planによる撮影計画

 

GrafNab及びAEROofficeによるGNSS/IMU解析

AEROoffice
GrafNav

 

Ultra Mapによる画像処理作業

UltraMapによる画像処理作業